設計技術者のための大型精密構造体 設計・製造技術ハンドブック 無料プレゼント!

設計技術者が知っておくべき大型精密構造体の設計・製造のポイント

  • 設計工程
  • 製缶工程
  • 加工工程
  • 品質保証

新着情報

設計技術者が知っておくべき大型精密構造体の設計・製造のポイント

設計工程におけるポイント

大型構造体
(1) 大型構造体の設計着目ポイント(その1)
(2) 大型構造体の設計着目ポイント(その2)
(3) 板組構造、形鋼構造の選定(その1)
(4) 板組構造、形鋼構造の選定(その2)
(5) 大型構造体の表面処理方法のポイント
(6) 大型構造体フレームの設計のポイント
(7) 大型定盤の設計のポイント(その1)
(8) 大型定盤の設計のポイント(その2)
構造詳細
(1) 複数部品の一体化によるコストダウン
(2) 部材省略によるコストダウン(その1)
(3) 部材省略によるコストダウン(その2)
(4) 形鋼サイズ変更によるコストダウン
(5) ステンレス構造のコストダウンポイント
(6) 構造詳細のポイント(張出し部の変形抑制)
(7) 構造詳細のポイント(部材吊上げ用タップの配置)
材料選定
(1) 構造体設計における材質の選定(鋳物⇒SS400 溶接)
(2) 構造体設計における材質の選定(アルミ⇒SS400 溶接)
(3) 構造体設計における材質の選定(石定盤⇒SS400 溶接)
(4) 鋳物⇒溶接構造への変更によるメリット(その1)
(5) 鋳物⇒溶接構造への変更によるメリット(その2)
(6) 鋳物⇒溶接構造への変更によるメリット(その3)
(7) 削出し⇒溶接構造への変更によるメリット
基本事項
(1) 装置メーカ、製造メーカの連携による設計期間の短縮
(2) 3DCADの利用による 設計業務効率化
(3) 市場品として入手しやすい鋼板(SS400)サイズ
(4) 市場品として入手しやすい形鋼
(5) ボルトナットの活用によるコストダウン
(6) 製品サイズの制限による輸送コストダウン
(7) 傾斜台付きトレーラの活用による輸送コストダウン
大型精密構造体の設計や構造についてお困りの設計技術者、ご担当者様はお気軽にご相談ください。 電話番号 0725-53-4111
ページの先頭へ戻る